帳票自動作成パッケージ
ene-repo_logo

機能一覧

機能一覧

項目仕様
収集グループ定義収集グループ(最大):10件
 帳票(最大):20件(ファイル)/収集グループごと
締切データ定義収集先(タグ、アイテム)登録数(最大):250タグ/収集グループごと、1000タグ/システム
帳票テンプレート作成定義情報より帳票テンプレートを作成
データ収集・締切機能
※収集グループごと

収集データファイル:CSVファイル
収集データ間隔:1/2/3/4/5/6/10/12/15/20/30/60分
データ収集時間:日締め 1~59分後
収集データファイル数(最大): 10件
収集レコードタイプ:瞬時値、平均、最大、最小、合計(積算)値、各品質コード付き
締切時刻・日指定:
 日締:0:00~23:00
 月締:1~27日、月末
 年締:1~12月
年締 開始/終了月 月締め範囲年合わせ設定
時間帯締め: 電力契約等にあわせて締めが可能 ※オプション
 時間帯:最大10種
  指定した時間帯で締め(日/月/年)
 カレンダー設定
  日種別:最大20種
  休日、季節など日毎に時間帯設定可能
再収集機能: 未収集データ、または、任意指定日のデータを再収集/帳票作成

収集データ保存保存形態:DB (Microsoft SQL Server Express Edition)
データ保存期間:5年
実績表示機能締切データ表示・編集画面にて指定帳票日付の日報/月報/年報データを表示
データ編集機能日報(時締)データ(収集データおよび品質コード)の編集およびデータベースへの格納
再締め切り機能
帳票ファイル保存・印刷機能締め後の自動印刷と保存が可能
帳票および帳票日付を指定の上、手動印刷/保存が可能
締切データアクセス関数帳票(Excel)上から任意の締めデータを取得できる公開関数
日報に月締め、月報に前月締めデータなどを取得可能
グラフカレンダー
※オプション
カレンダー表示機能:
指定月の時間データを1日ごとに棒グラフ表示。
比較タグと関連するタグを選択し、折れ線グラフで重ねて表示。
基準線 種類:カレンダー基準、固定値基準、選択日基準
基準幅 表示機能
偏差表示機能:基準線との差を偏差のグラフで表示
任意指定日の串刺し/重ね書き機能
年間カレンダー機能:指定した週と曜日から1年分のデータを表示
リモート接続機能:eneRepo本体とは別のPCからグラフカレンダーを表示
グラフシフター
※オプション
電力使用量シミュレート機能:
系列数:最大5
1系列タグ数:最大10
データ範囲:1日~31日
操業シフト機能
操業率指定機能
リモート接続機能:eneRepo本体とは別のPCからグラフシフターを表示
GA10変換ツールプロジェクト定義機能:プロジェクト名 登録文字数(最大):全角20文字(40バイト)
プロジェクト(最大):30件
GA10記録データファイル:Excelファイル
記録周期:1秒以上
1ファイル分割:指定周期 毎時1秒(00:01)、または、毎日 日締め後 1秒
出力データファイル:CSVファイル
出力周期 (初期値60分):1/5/10/15/30/60分
データ収集時間 (初期値10分):毎時 0 ~ 59分
タグタイプ:瞬時(平均/最大/最小)、合計、差分積算
再収集機能:未収集データ、または、任意指定日のデータを再収集