製造記録支援ツール
batchrepo_logo

機能一覧

機能一覧

項目仕様
定義ツリービューにて、3階層(大・中・小)の区分を登録
実績(瞬時値)データ: 大区分登録数(最大):100件
中区分登録数(最大):20件/大区分ごと、小区分登録数(最大):20件/中区分ごと
トレンドデータ: 中小区分登録数(最大):5件/大区分ごと
区分ごとに収集先(タグアイテム)を登録
実績データ: 収集先(タグアイテム)登録数(最大):250件/区分ごと
トレンドデータ: 収集先(タグアイテム)登録数(最大):5件/区分ごと
収集イベント: データ収集イベントにより、データを収集
キー値によりデータ収集を行うのか判断する、イベント受信モードを指定
シングルイベントモード: 1度のみ受信(初回が有効)
上書きイベントモード: 常に上書き(最新が有効)
マルチイベントモード: 指定回数まで収集
実績データ: 収集イベント受信時にデータを収集
マルチイベントモード:最大120
収集完了時、指定タグに書き込み可能
トレンドデータ: 収集開始から収集終了までの間を指定した周期で収集
マルチイベントモード:最大15
収集周期:1分、5分、10分
トレンド同時実行区分数(最大):15件
収集開始/終了時、指定タグに書き込み可能
バッチ情報: バッチ終了時の動作にて帳票ファイル保存/印刷処理を実行
収集開始/終了時、指定タグに書き込み可能
条件判定(イベント): 収集/バッチ終了イベントを任意発行する、監視する(指定タグを監視する)を指定
監視:SW 立ち上がり/立ち下がり、タグ値増加、指定値
タグ定義確認機能: 定義に誤りがないか、OPC経由で確認
帳票テンプレート作成機能: 帳票の元となるExcelファイルを自動作成。帳票出力レイアウトはユーザー作成
実績実績表示機能: 最新取得データを表示。条件指定により、表示データの切り替え可能
実績データ編集機能
帳票任意ファイル保存・印刷機能: 過去の実績データ(帳票単位)を再印刷、ファイルの再作成
データ保存機能: SQL Server に1年分のデータを保持