次世代育成支援対策に関する行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることが出来、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、
全ての社員がその能力を発揮できるようにするため下記、行動計画を策定し推進する
 
 
 

計画期間

平成27年4月1日~平成37年3月31日

行動目標

雇用環境の整備に関する事項
(1) 妊娠中の労働者及び子育てを行う労働者等の職業生活と家庭生活との両立等を支援するための雇用環境の整備
・ 妊娠中や出産後の女性労働者の健康の確保について、労働者に対する制度の周知や情報提供及び相談体制の整備の実施
  1. 休業期間中の相談や面談がしやすいコミュニケーション体制の整備
  2. 管理職を対象とした研修制度やパンフレットの整備
  3. 小学校就学前までに短時間勤務制度の拡大や時間年休の取得を検討する
 
(2) 働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備
・ 所定外労働の削減のための措置
  1. ノー残業ディ(毎週水曜日)徹底の啓蒙活動の継続
  2. フレックスタイム制度対象者は閑散期、1日4時間勤務の推奨
 
・ 年次有給休暇取得促進のための措置
  1. 計画的付与日と取得推進日等の制定と具現化を図る
  2. リフレッシュ休暇制度の制度拡充の検討と取得率のUPを推進する
 
 
次世代育成支援対策に関する事項
・ 高校生、専門学校生を対象に既実施しているインターンシップについて、更なる制度の充実とPRを積極的に推進する

ページ上部へ戻る