リアルタイムOS・ミドルウェア

リアルタイムOS・ミドルウェア

μC3
μITRON4.0仕様のリアルタイムOS
μC3(マイクロ・シー・キューブ)はμITRON4.0仕様の組込みシステム向けのRTOSです。μITRON4.0スタンダードプロファイル仕様の「μC3/Standard」、オートモティブプロファイル仕様の「μC3/Compact」のラインアップで、ARM Cortex®-Aシリーズ、ARM Cortex®-Rシリーズだけでなく、ARM Cortex®-MやRenesas RXシリーズ、Intel NiosⅡにも対応しています。
RTOSとLinuxの共存ソリューション
「μC3+Linux」はマルチコアCPUにRTOSとLinuxを共存させ、OS間の通信を可能にするソリューションです。
種類の異なった2つのOSを共存させることで、RTOSのリアルタイム性能とLinuxが持つ豊富なソフトウェア資産を有効に活用することができます。
ソフトウェア内蔵無線LANモジュール・アプリケーション開発キット
太陽誘電社のCPU内蔵のWiFiモジュール用にRTOS、TCP/IP、セキュリティなど開発に必要な全てのソフトウェアが含まれる開発キットです。
簡単に、迅速にWiFi通信を使ったアプリケーション開発ができるIoTに最適なソリューションを提供致します。

MatrixQuest

uQuestは、組込み機器向けにオリジナルミドルウェアを開発し、お客様に必要な製品を必要な形でご提供しています。

OSやコンパイラ、CPUアーキテクチャに依存する部分は全てuQuestオリジナルラッパーライブラリ”KSLLIB”に集約していますので、
ミドルウェア本体のソースコードに手を入れずに様々なOSに対応することができます。

USB3.0対応ホストドライバ

USBホスト機能を実現するためのソフトウェアです。
「MatrixQuestUSB3.0/host」を使用することにより、
USB3.0対応USBデバイスをSuperSpeedで組込みシステムを接続することができます。

USB2.0対応ホストドライバ

MatrixQuestUSBシリーズはユークエストが開発した組込み用向けのUSBホスト機能を実現させるためのソフトウェアです。本ソフトウェアを使用することにより、各種USBデバイスとの接続が可能です。
CPU/MPUに内蔵されたUSBコントローラに対応の「MatrixQeustUSB/lite」と、OHCI/UHCI/EHCIといった標準規格に準拠したUSBコントローラに対応の「MatrixQuestUSB/host」、2種類のプロトコルスタックを用意しております。

USB2.0対応ファンクションドライバ

「MatrixQuestUSB/func」は、組込み向けのUSBのファンクション機能を実現する為のソフトウェアです。
「MatrixQuestUSB/func」を使用することにより、USBホストインターフェイスに対して組込みシステムを接続する事ができます。

FAT32対応ファイルシステム

「MatrixQuestFS/fat32」は、組込み機器向けのFAT32対応のファイルシステムです。本ソフトウェアを使用することにより、Windows互換のファイルシステムを構築、読み書きが可能になります。

SDメモリ対応ホストドライバ

「MatrixQuestFS/fat-SDH」は、ユークエストが開発した組込み向けのSDホストドライバです。
FAT32対応ファイルシステム「MatrixQuestFS/fat32」と組合わせてSDメモリカードを対象としたファイルシステムアクセス機能を実現します。

製品販売から受託開発まで、実績豊富なソリューションをご提供します。 無線LANチップメーカー各社と契約締結しており、各種モジュールに対応可能です。お客様環境へのWi-FiドライバおよびWPA2/WPSの移植から通信試験までトータルで開発をサポートします。

また、一環としてiPhone・iPad / Android 連携ソリューションも可能です。 車載機器、家庭、工場、オフィスなど様々なシーンでスマートフォンが活用される場面が増えています。

ユーザーインターフェースやコンテンツの利用、IoTのゲートウェイとしてなど、iPhoneやAndroidと様々な機器がつながり、サービスの提供が行われています。ユークエストではUSBや無線LANなどの通信ソフトのノウハウを活用して、スマートフォン接続のお手伝いをします。