【振動シミュレーションシステム】

★振動加振システムとしては、業界「No1」、また、受託試験は、『振動試験/電池試験/EMC試験/環境試験』 に対応する装置をご準備しています。

ハイグレードタイプ振動試験装置 Aシリーズ
Aが導く、振動試験の 新基準 。
試験用途の拡大と高精度試験への対応でこれまで不可能だった試験が可能に。環境・安全への配慮とユーザー目線での操作環境を整えた待望の新シリーズ。   

新型輸送試験用小型振動試験装置 m130LS
より正確で、より手軽に。
小型にも関わらず、Max 100kg、120 サイズ級の梱包物を、ISO・JIS・ASTM・Amazon 輸送試験規格等の公的規格で定められた多様な条件下で、試験することが可能です。従来のmシリーズに比べて振幅量が大きくなりました。

輸送環境記録計 タフロガー TR-1000
輸送手段ルートの検討・評価に。
衝撃・落下・温度湿度などの貨物の損傷要因の特定調査、耐振動評価、最適梱包の研究開発に。
■ 3軸加速度ピックアップ・温湿度センサ内蔵
■ USBポートで簡単データ転送
■ 最大4日間の連続データ収録可能

受託振動試験 / テストラボ
お客様にかわって振動・衝撃試験の実施をはじめ、試験条件の開発、試験に合格できなかった場合の対策なども支援します。
■日本高度信頼性評価試験センター : [ 振動試験 / 環境試験 / 車載用EMC試験 ]
■上野原サイト高度試験センター/大阪テストラボ : [ 振動試験 / 電池試験 ]
■東京テストラボ/名古屋テストラボ/春日井テストラボ : [ 振動試験 ]